喉仏 腫れる

喉仏が腫れる原因について

スポンサーリンク

喉仏が腫れると言えば、何らかの病気になったのではないか、と感じる人が少なくありません。
 その場合まず考えられるのは風邪です。
これは医学的には急性咽喉喉頭炎と呼ばれており、朝起きたときに喉仏が腫れていたら、それを疑うようにしましょう。
 これが起きる原因としては、喉の乾燥があります。
空気が冷たく、そして乾燥している時期だと、発生確率は高くなります。
 その症状としては、喉仏が腫れる他に、咳や痰に発熱があります。
 基本的に風邪なので、その治療に用いるものは市販薬でも構いません。
症状が酷いときは内科を受診するようにしましょう。
 これを予防する方法としては、外出先から戻った際、必ずうがいや手洗いをすることと、身体が冷えないように、普段から暖かくすることです。
 余程重症化しない限り、生命を脅かすものではありませんが、俗に風邪は万病の元とも言われているため、油断は禁物だと言えます。
 普段から健康管理をする習慣をつけておきましょう。

スポンサーリンク

 扁桃腺が腫れた結果、喉仏も腫れるということがあります。
これは子供がよくやるものだというイメージがありますが、疲れがたまっているときに免疫力が低下すると、大人でもそれを起こすことがあります。
 これは先に説明した急性咽喉喉頭炎によく似た症状を起こしますが、喉の奥が赤くなったり、白い膿が確認できるようになる、という違いがあります。
 耳が痛むこともあり、そのことから重病の前兆のように感じる人もいますが、原因が細菌感染であるため、抗生物質の投与などで簡単に治ります。
 インフルエンザで喉仏が腫れることもあります。
こちらも症状は風邪とよく似ていますが、呼吸困難を引き起こすこともあるため、遙かに深刻な事態を招くことが多いと言えます。
 重大な合併症を招く前に、医師の診察を受けた方が賢明だと言えます。
 いずれの場合にしても、喉仏が腫れたと気づいた段階で、何らかの対処をするようにしましょう。
そうしておけば問題が起きてもさほど深刻化しません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加